オルビスディフェンセラって何で飲むの?時間帯は?

defencera

一般的に薬や健康食品は何で飲む?

まず薬などの錠剤や粉末状のものは何で飲むのが適切なのでしょうか?
薬の効果を薄めてしまう飲み物と一緒に飲んでしまってはその効果を最大限発揮するのは難しくなるでよう。
例えば外出中、かつ食後に飲まなければいけない時にその場にあるジュースなどで飲んでしまうという方も珍しくないと思います。
しかしこういった体内に入れるものに関してはその薬や健康食品、サプリメントとの成分と相性の悪いものが数多く存在しています。
そのためまずは前提としてなにと飲むべきなのかを知った上で、オルビスディフェンセラも同様の飲み方をしていきましょう。

牛乳編

牛乳も健康的な飲み物としてありますよね。
カルシウムも豊富に含んでいますし、子供の頃は給食にも出てくるくらいですので体を形成するのにいいと思いますね。
ただお薬や健康食品として一緒に飲むのはまた話が別になります。
一般的に抗生物質や便秘薬などと相性が悪く、牛乳に含まれるカルシウムと結合してしまう可能性があるからです。
したがってお薬の吸収が低下することにつながり、効果が弱まってしまいますね。
よくアルコール飲む前に酔わないように、牛乳を飲んで膜を張るなんてことも聞いたことがある方もいると思いますが、こちらも同様にアルコールの吸収を低下させていることにつながるのではないでしょうか。
したがってオルビスディフェンセラに関してもお薬ではなく健康食品ですが、やはり効果が弱まり、吸収の低下につながる飲み物でわざわざ飲む必要はないですよね。

紅茶、コーヒー、緑茶編

一般的な病院などで処方される風邪薬、解熱鎮痛剤、アレルギー性鼻炎などのお薬の場合、コーヒーや緑茶などで飲むとカフェインの過剰摂取などに繋がります。
緑茶で飲んでしまっている方も中にはいらっしゃると思います。
意外かもしれませんが、緑茶などは健康に良いという認識もあると思いますが、カフェインの過剰摂取により、頭痛や動悸などの症状を併発する恐れもあります。
なのでオルビスディフェンセラでも同様に緑茶、コーヒーなどで飲むことはあまりおすすめできません。

アルコール編

さすがにアルコールで飲むという方は珍しいと思いますが、少なからずいると思いますので念のためご説明いたします。
まずアルコールとお薬などを一緒に飲むとどうなるかというと、薬の効果が弱まってしまったり、逆に強くなってしまうことがあります。
そうなると想定していた効果が得られなくなり、効くものも効かない、効果が出過ぎて成分の過剰摂取につながってしまうことがあります。
健康食品の場合は医薬品ではないので強い成分の可能性はないでしょうが、医薬品の場合はそうとは限らないので十分に注意しましょう。
さらにいうと、一般的に多くのお薬との相性が悪いですね。副作用を併発する可能性もあります。
特に睡眠薬や精神安定剤などと一緒にアルコールを飲むと、意識障害(脳の機能の低下)を起こしてしまう可能性も考えられるので大変危険です。絶対に止めましょう。
という観点からオルビスディフェンセラでも同様にアルコールで飲むのはなしですね。

ジュース編

外出中に普段飲んでいるものとして、ジュースと一緒に飲む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ジュースと一緒に医薬品や健康食品を服用するのもあまりおすすめできません。
代表的なものとして、グレープフルーツジュースが該当します。
お薬の処方箋にも「グレープフルーツジュースはこの薬の左様に影響しますので、服用時は飲まないでください。」などといった文言で記載されていることもあります。
例えば高血圧、不整脈などのお薬はグレープフルーツジュースに影響を与えます。
今回のオルビスディフェンセラはそれらに当てはまりませんが、他のものでも一緒に服用すると影響を与える飲み物となっていますので、極力一緒には飲まない方がよいでしょう。

水編

薬は一般的に水で飲むという方が多いのではないでしょうか。
やはり水で飲むと言うのは正解ですね。
よく1日に水を2リットルや4リットル飲むなどの健康法もありますが、やはり体に水は良い証拠ですよね。
そのため医薬品や健康食品ともともに相性が良いのでしょう。
やはり服用する目的としては、成分の邪魔をせずに効果を最大限発揮することが重要となります。
したがって成分の効き目を邪魔せず、効くという意味ではお水とともに服用するのがベストでしょう。
逆にいうと水意外を推奨することの方が珍しいのではないでしょうか。

白湯編

白湯は健康志向の方なら一度は試した方もいるのではないでしょうか。
白湯は一般的にお水を沸騰させて完成するのが白湯になります。
沸騰させることで、例えば水道水などに含まれている不純物を減らすことができますね。
またお薬を服用する際にも「お水または白湯で服用」などの記載をみたことがある人もいると思います。
そういった意味ではオルビスディフェンセラに関しても、粉末状の商品を白湯と一緒に飲むことも効果的になるといえますね。

直接飲む(自身の唾液)

直接飲むの?と驚かれる方もいると思いますが、お薬や健康食品によっては水や白湯と一緒に飲まなくてもそのまま飲めるものもあります。
ちなみにオルビスディフェンセラは水なしてもOKとされています。
ディフェンセラを舌に置き唾液などで溶かすようにして体内に入れていきましょう。
一つ注意するならば医薬品などは成分が強いあまり、効きすぎてしまうので用法はしっかり守るべきです。
そのまま飲むと成分が胃の粘膜を傷つけてしまうこともあるので、お薬の場合は注意していきましょう。
オルビスディフェンセラはトクホの健康食品カテゴリーのため水なしで飲んでも大丈夫です。
メーカーであるオルビスも水なしで飲めることを謳っているので可能ですね。

結論

水、白湯もしくは直接飲むのがいいといえます。
水、白湯の場合は200mlで飲みましょう。
というのも粉末なので喉につまってしまって、むせてしまっては意味がないので、流し込むと言う意味でもだいたいコップ一杯分と考えていただければと思います。
その他の飲み物と一緒の服用に関してはやめた方がいいでしょう。

オルビスディフェンセラはどのタイミングで飲むべきなの?

結論から言うといつ飲んでも構いません。
食後に飲んでも、起床時に飲んでも、寝る前に飲んでもOKです。
ただし一つ注意していただきたいのが飲む時間帯は一定にするべきです。
そのためご自身の飲みやすい、またこの時間帯であれば飲むことを忘れないなどの時間帯に合わせて飲むべきでしょう。
つまり一定の時間に飲むことを継続することがオルビスディフェンセラ効果を最大化することに繋がります。

まとめ

ここまでなにで飲むべきなのか、どのタイミングで飲むべきなのかを説明していきました。
ここで述べたような飲み方、またベストなタイミング(時間帯)で一定期間継続し、一定の時間帯で一日一包活用するのがよいでしょう。
そうすることで水分を保持し、乾燥を防ぐ効率化が生まれると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました