オルビスのディフェンセラって副作用あるの?

defencera

ディフェンセラに副作用はあるのか?

基本的に評価は高く、口コミでも良い評価が多かったです。
しかし効果が期待よりなかったなどの口コミはありましたが、結論から言うと口コミに副作用が出たなどのものは見当たりませんでした。
他のサイトだと下痢や腹痛、便秘などが口コミであったとありますが、どれも口コミサイトの引用元がなかったので信憑性には欠けますね。
なので今回はその辺りを踏まえ、副作用が仮に出るということを想定のもと、対策やなりやすい人などを中心にまとめました。

副作用になりやすい?アレルギーとは?

そもそもアレルギーというのは、通常であれば害のないものですが体の免疫が激しい反応を起こし、免疫が異常になることをいいます。
上記で説明したさまざまなアレルギーですが、これらに該当する方は意外と多いのではないでしょうか。
アレルギー度でいうと、お肌などの皮膚に直接出る症状は見た目的には気にする方もいると思いますが、くしゃみや咳、腹痛、下痢などと比較するとどちらかといえば後者の方が体の負担は大きいですね。
直接呼吸器や消化器官、循環器に関わってきます。
上記で説明したようなアレルギー体質の方、特に消化器官系、循環器系を患ってる方は普段から気をつけている方も多いと思いますので、しっかりと用法を守り、飲んでいってほしいと思います。
またかかりつけ医がいる方は、症状が出た際にはしっかりと医師に相談することも大切ですね。

副作用になりやすい人っているの?

副作用になりやすい人その1

副作用として発症が考えられるのが普段医薬品を服用されている方。
よく病院で医者の方や薬剤師の方から、お薬をもらう際に普段服用されているお薬はありますか?
などの質問を受けることがあると思います。
医薬品は病気など治療を目的として厳しい審査のもと市場へと出回ってきますよね。
一方健康食品の場合、あくまで食品のジャンルに当てはまります。
そのため効果が出ない、効果を早く出したいなどの理由により、メーカーが指定した用法を守らずに、過剰に飲みすぎてしまったりするなどのいわゆる過剰摂取ですね。
偏った食事生活をしていたら健康に被害が出る可能性もあります。
例えばお肉ばかり食べて野菜は食べないや、アルコールの過剰摂取など。
このようなことは言うまでもないですが、そのような食生活を続けていると健康に支障をきたすことがありますよね。
基本的に主菜や副菜などをしっかり取り入れつつ、その上で健康食品を健康増進として活用するのが効果の最大化にもつながるでしょう。
筋トレしている方でプロテインなど飲んでいる方でも同様ですが、プロテインだけ飲んでも筋肉は生まれないですよね。
しっかりと筋トレや腕立て伏せ、腹筋などトレーニングをした後にプロテインを飲むことで筋肉がついてきます。
そのような考え方と同様に健康食品のジャンルは食品です。
そのため効果が出ないなどの理由により、1日1袋を推奨されているところ2,3袋と飲んでいたらそれは健康に被害が出る恐れがあります。
こういったことが理由により、副作用が出ることがあるのですね。
あくまでメーカー推奨の規程を守りながら、かつ普段医薬品を服用されている方はかかりつけ医に健康食品として飲んでいることを伝えることが、副作用を未然に防ぐことにつながるでしょう。

副作用になりやすい人その2

副作用として考えられるのが、アレルギー体質の方。
日本人の2人に1人は何れかのアレルギーを持っていると言われています。

呼吸器系

代表的なアレルギーといえば、春が近づくと鼻がむずむずする花粉症ですね。
これは呼吸器系に起きるくしゃみや鼻水などですね。
春のような特定の季節、いわゆる季節性アレルギーであればよいですが、年中アレルギー性鼻炎と闘っている方も多いと思います。
またぜんそく持ちの方などの咳などがあると思います。
こちらも呼吸器系に当てはまりますね。

皮膚系

その他でいうと、例えばスキンケアでお肌(皮膚)に塗った際に考えられるのが、蕁麻疹(じんましん)が出てきたやお肌に赤みが出てきたなどが該当すると思います。

消化器官系、循環器系

一方体内に入れる系ですね。
健康食品として飲むもの、例えば青汁やサプリメントもこちらに当てはまりますね。
ディフェンセラも飲むスキンケアになりますのでこちらに当てはまります。
この場合消化器官が弱い人や副作用として考えられるのが、腹痛や下痢、嘔吐などが考えられます。
また循環器系にも考えられるのが、血圧低下などがありますね。

健康食品?医薬品?副作用の救済制度って?

ディフェンセラは健康食品。特定保険用食品、通称トクホ
医薬品の場合医薬品副作用救済制度というものがあります。
こちらは端的に言うと、病院や薬剤師からの指示により正しく使用方法を守り、お薬を使用したにもかかわらず、その医薬品の副作用で入院などが必要になるほどのレベルになって場合、厚生労働省によって給付金がもらえる救済制度になります。
ただ今回のオルビスディフェンセラの場合、健康食品に該当するためこの医薬品副作用救済制度には当てはまりません。
そのため医薬品と食品には明確な違いがあるのです。

安全性がある?国が認めた3大健康食品とは?

国(消費者庁)により効果や安全性が認められた健康食品として次の3つがあります。

  • 特定保険用食品
  • 機能性表示食品
  • 栄養機能食品

オルビスのディフェンセラの場合、特定保険用食品に該当します。
特定保険用食品、通称トクホとは国が厳しい審査をし、安全性及び効果が認められた商品として消費者庁が認めたものとなります。
したがってそれらをクリアした場合に、機能として健康に効果があるや安全性があるよね。ということを第三者機関が認めたものにしか表示することができないものになります。
そういった意味で言うと国が厳しい審査をし、クリアした商品であることは心強い味方ですね。

まとめ

今回ご紹介したように、メーカー推奨の用法を守ることはもちろんのこと、日常的に健康に気を遣い、補助としてオルビスのディフェンセラを活用するのがよいのではないでしょうか。
またもともとアレルギー体質の方や、医薬品を服用している方などは現在患ってる症状が悪化するようであればすぐに服用をやめ、かかりつけ医に相談して欲しいと思います。
一方トクホ(特定保険用食品)として厳しい審査をクリアしている商品であるので、信頼性や機能などが期待できるものとしてマークが表示されているのでその点も含め、購入を考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました