オルビスのディフェンセラってアトピーにも効くの?効果を知りたい!

defencera

そもそもアトピーとは?

アトピー性皮膚炎を患っている方は意外といるなという印象です。
私の周りでもそうですが、小さい頃は掻き毟って悪化してしまい、酷かったが大人になって徐々によくなっていく人もいれば、成人を超えてもなかなか治らない人もいますね。

完治するというよりは改善してく症状なのかなと思います。

皮膚を守る機能が通常の人と比較して低下しやすいということですね。

  • 皮膚のバリア機能の低下
  • かゆみを感じる
  • 掻いてしまう
  • さらにバリア機能が低下する

好循環のサイクルではなく、悪循環のサイクルが生まれやすいようになってしまってます。
病気は基本的に悪循環のサイクルの繰り返しですが、皮膚というのは見た目にもつながってくる部分になりますので、良いサイクルに変化していきたいですよね。

アトピー性皮膚炎の大敵、乾燥とは?

まずそもそもなぜアトピーができるのかと言うことから説明していきたいと思います。
そしてアトピー性皮膚炎に対して、どうオルビスのディフェンセラが効果を発揮するのかをあわせて解説していきます。

アトピー性皮膚炎の原因1

簡潔にいうとお肌に隙間ができることにより、外部の刺激要因がお肌の内部に入り込み、それらの刺激物質が内部のかゆみ神経を刺激することにより、痒みが発生します。
スキンケアっぽい言葉で言うならば、お肌のバリア機能の低下ですね。
この隙間ができることにより、お肌の水分が蒸発しやすくなってしまいますね。
水分が蒸発すると、乾燥します。
そして隙間から、お肌の内部に刺激要因が侵入してきます。
したがって、かゆみの原因はこの繰り返しによって引き起こされるのですね。
刺激要因にはカビやダニなども当てはまります。
そのためアトピーを患っている方は周知の事実かと思いますが、お部屋の中やベッド周り、体を拭くタオルなどは清潔に保ち、なるべくカビやダニを発生させないようにすることが大切です。
そしてこの繰り返しを防ぐ必要があります。
今回ご紹介しているオルビスのディフェンセラの特徴として、水分が逃げにくく、水分を保持する効果が期待できるためこれはアトピーに効くのではないかということがロジックになります。

アトピー性皮膚炎の原因2

体が異物とみなすと、その異物を排除しようとする働きが生まれアレルギー反応を起こします。
原因1で説明したように、刺激要因が外部から侵入し内部に存在する免疫力が不必要に排除する流れが生まれ、過剰になってしまします。
過剰になることによって、免疫細胞に刺激を与えます。
そしてかゆみの原因につながってしまうのですね。
いわゆる健康的な皮膚(アトピーではない)の方はアトピーの方と比較してこの刺激物質を多く持ち合わせていませんが、やはりアトピーの人は刺激物質を多く持っているためにかゆみにつながってしまうのです。
したがってお肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を高め、水分を高めることが事前対策としては効果的であると考えられますね。

アトピー性皮膚炎の原因3

皮膚のバリア機能の低下により、刺激要因がかゆみ神経を刺激するとどうなるか?
我慢できなくてかいてしまいます。
これがなかなか我慢できるレベルではないのです。
かかないと意識すればするほどかいてしまうことが多々あると思います。
さらにいうと起きている時などはかかない意識をなんとか保つことができるかもしれませんが、寝ている時などの無意識化ですね。
こう言う時はどうしようもないと思います。
そのためにはやはり原因1,2で述べたように、事前対策としてお肌のバリア機能を高め、まずは乾燥を防ぎ、水分をお肌に閉じ込めておきましょう。

「飲む」次世代スキンケア<ディフェンセラ>

オルビスディフェンセラはアトピーに効く?アトピー効かない?

バリア機能を高める3段構造

皮膚には角質層が存在し、皮脂がバリア機能の役目を果たしています。
一方アトピー性の方は、原因の部分でも述べた通り皮膚の内部に刺激要因が入り込みやすい、また隙間ができていることでかゆみが発生します。
そのためこの隙間をいかに押さえ、そして水分を保持し乾燥を防ぐことも大切ですよね。
その点オルビスのディフェンセラの特徴としては、水分を逃がしにくくする商品となっています。
さらにいうとお顔だけではなく、お肌全体(背中や足など)を通して乾燥を防ぐような特徴なのでアトピーの方にも効くのではないかと言われているのですね。
お肌の表面の部分は水分が逃げやすいと言われています。
その逃げやすい表面部分をより強化することも特徴の一つ。
二段回目として、表面に存在する細胞ですね。
ここがアトピー持ちの人は隙間ができると説明しましたが、この細胞と細胞の間の隙間を埋めるように、より密にしていくイメージがディフェンセラにはあります。
さらには肌の奥にも同様の効果が期待できるようなイメージです。
こうして出来上がるお肌のバリア機能。
これがオルビスのディフェンセラの3段階バリア機能ですね。
なぜこのように3段階を実現できるかというと、高純度セラミドを成分として配合しているためお肌の水分を保持し、逃がしにくくする仕組みを実現しています。
これこそがまさにアトピー性皮膚炎をお持ちの方でも、効果が期待できると言われている所以であると思います。

特定保険用食品としても認められた商品

いわゆるトクホですね。
これに認められるためには国家機関(消費者庁)によって成分や、効果が期待できるのかどうかなどを第三者機関から認められた称号のようなものです。
ディフェンセラの場合このトクホが認められているため、自社調べで効果や成分の謳い文句を言っているわけではありません。
しっかりとデータを提出することでこそ、認められている商品ですので、その点が他の商品、ブランドと比較しても信用性があるのではないかと思います。

まとめ

ディフェンセラを飲めばアトピーが治るほど、アトピーは単純なものではないです。
しかしその他の食事や身の回りの清潔さはもちろんのこと、それらを複合的に掛け合わせることによって今よりもましにすることを目標とする手助けになるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました